競泳大辞典
 

トップ > お役立ち情報 スイミングを始める前の豆知識 > [6]水泳関係の資格あれこれ その4

お役立ち情報

[6]水泳関係の資格あれこれ その4

ライフセービング資格

ライフセービング検定は、ライフセーバーとして活動するために必要な、溺れた人の救助の仕方や脈、呼吸がない人への処置など知っておくべき知識と技術の習得を目指す人のための資格です。


JLA(日本ライフセービング協会)の資格認定講習会を受講し、講習会の最終日にある検定試験に合格すると資格が取得できます。


詳しくは JLA;JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION;特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会のサイトでご確認ください。




Water Safety講習会

●講習会名 Water Safety講習会


●資格の名称 JLA(JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION)認定Water Safety資格


●目的 水辺における活動やアクアスポーツ等の中で自らの安全を確保し、ライフセービングの最も基礎となる知識と技術を備え、
事故防止に積極的に努めていく人材を養成することを目的とした講習会です。


●内容(標準6時間)

・学科 JLAとJLAウォーターセーフティーについて、水の特性と事故防止について 等

・実技

○ウォーミングアップ(アクアエクササイズ)

○エントリー& イクジット(入水の方法と水からの上がり方)

○スカーリングとボディオリエンテーション

○サヴァイバル・ストラテジーズ&テクニック(PFDスキル)

○ライフセービング・スキル 等


●受講条件
(1)年齢 12歳以上(小学生除く)
(2)泳力 25メートル泳げる泳力を有している健康な方(泳法は自由)


●受講料(※いずれも登録料、教材費込)
JLA会員 1,000円
(講習会初日の前日までに会費を納入していること。登録用紙の提出だけではJLA会員価格で受講できません。)
非 会 員 2,500円


●有効期限 検定試験合格日の翌年度から5年間




BLS;Basic Life Support;一次救命処置 (CPR;CardioPulmonary Resuscitation ;心肺蘇生法+AED;Automated External Defibrillator)講習

●講習会名 BLS(CPR+AED)講習会


●資格の名称 JLA( JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION)認定BLS(CPR+AED)資格


●目的 BLS(CPR+AED)資格取得者は、一般市民における心肺蘇生の普及を目指し、
心肺蘇生、AEDを含む一次救命のための
基礎的な知識と技能を身につけ、
突然に意識を失った人がいても適切な手当をおこない、社会復帰率の向上に貢献できることを
目的とした講習会です。


●内容(標準7時間)
・学科 最近のライフセービングの動向、CPRの重要性とAEDなど
・実技 CPR・AEDを用いたBLSの習得


●受講条件:年齢 12歳以上(小学生除く)


●受講料(※いずれも登録料、教材費込)
JLA会員 3,500円
(講習会初日の前日までに会費を納入していること。登録用紙の提出だけではJLA会員価格で受講できません。)
非 会 員 5,500円


●有効期限 検定試験合格日の翌年度から2年間




Basic Surf Lifesaving講習会

●講習会名 Basic Surf Lifesaving講習会


●資格の名称 JLA( JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION)認定Basic Surf Lifesaver資格


●目的 海浜での事故防止活動に携わるにあたり、自らの安全を確保し、
水難事故に対して適切に対応できる基礎的な知識と技能を身につけ、
マリンスポーツに携わる人々の模範となる者を養成する講習会です。


●内容(標準28時間)
・学科 ライフセービング概論、ライフセーバーの心がけ、海の知識、サーフパトロール、サーフレスキュー、
応急手当、溺水者に対するBLS 他


・実技 フィットネストレーニング、サーフレスキュー、応急手当、溺水者に対するBLS

●受講条件
(1)年齢 15歳以上(中学生を除く)
(2)泳力 50m/40秒以内、400m/9分以内、潜行/20m以上、立泳/5分以上
(3)資格 Water SafetyおよびBLS(Basic Life Support)資格を取得している方(有効期限内)


●受講料(※いずれも登録料、教材費込)
JLA会員 22,000円
(講習会初日の前日までに会費を納入していること。登録用紙の提出だけではJLA会員価格で受講できません。)
非 会 員 26,000円


●有効期限 検定試験合格日の翌年度から3年間




Advance Surf Lifesaving講習会

●講習名 Advance Surf Lifesaving講習会


●資格の名称 JLA( JAPAN LIFESAVING ASSOCIATION)認定Advance Surf Lifesaver資格


●目的 海浜で監視・救助・救護等の活動を経験した者が、リーダーとして活動するにあたり、
周囲の安全を確保し、事故防止や水難事故に対して適切に対応できる、
より専門的で実践的な幅広い知識と技能を身につけた方を養成する講習会です。


●内容(標準28時間)
・学科 ライフセービング概論、ライフセーバーの心がけ、サーフ技術とトレーニング理論、海の知識、サーフパトロール、
サーフレスキュー、応急手当、心肺蘇生 他
・実技 フィットネストレーニング、サーフパトロール(シミュレーション含む)
サーフレスキュー、応急手当、熟練救助者が実施するBLS


受講条件
(1)年齢 16歳以上
(2)泳力 50m/35秒以内、800m/14分以内、潜行/25m以上、立泳/10分以上
(3)資格 ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格を取得している方(有効期限内)
(ベーシック資格を2011年度以前に取得されている方は、Water SafetyおよびBLS(Basic Life Support)資格を
取得していること)
(4)経験 ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格取得後、海浜での監視業務を20日間以上経験していること。
(5)その他 JLA個人会員であること。


●受講料(※いずれも登録料、教材費込)
JLA会員 22,000円
非 会 員 会員であることが受講条件となっています。


●有効期限 検定試験合格日の翌年度から3年間


◀「 スイミングを始める前に知っておくべき6つのこと 」メニューへ戻る

  • asics HydroCD Men’s
  • asics HydroCD Lady’s
  • ジュニア Boys
  • ジュニア Girls
  • arena Men's
  • arena Lady's
  • speedo Men's
  • speedo Lady's
  • asics Men's
  • asics Lady's
  • ellesse Men's
  • ellesse Lady's
  • TYR Men’s
  • TYR  Lady’s
  • 超特価水着
  • accessory
  • Heaven&Heaven
  • Mermaidia

ページトップへ