競泳大辞典
 

トップ > 美容と体型のために 美容と体型に"グッ"と効かす!水中エクササイズ > [4]マタニティアクア

お役立ち情報

[4]マタニティアクア

マタニティアクアは「 水の力(浮力・水圧・抵抗・水温) 」を利用した、
妊婦のためのエクササイズです。


レッスン内容は、水に浮いて呼吸法の練習から水中ウォーキング、
水中エクササイズ、スイミングまで各スイミングクラブによって特徴があります。
自分にあったレッスンがあるかどうか最寄りのクラブに問い合わせてみましょう!




〜 マタニティアクア (妊婦水中運動) 〜
これからママになる皆さま、ご妊娠おめでとうございます。
お腹のなかの、たくさんの希望と勇気くれる赤ちゃんに、
大きな幸せを感じておられると思います。


お腹の赤ちゃんが、ちゃんとしっかり育つようにバランスの良い食事は必須です。
たいへんだった時期を一山二山超えると、ホッと一息。
でも気を抜くと、気がつかないうちに体重増加!と、
いったことになりかねません。


肥満の防止には運動が一番。
運動はしたいけど、体が重くて動くのが億劫……。
妊娠しているので無理をしてしまったり、
転んだりするリスクを伴う運動は禁物。


そこで!
美味しくしっかり食べたら、マタニティアクアで、
楽しく運動して、体調を整え、体重の管理をしましょう。
一緒に水中エクササイズをするお友達ができたら心強いもの。


リラックスも味方につけて、
お腹にいるパパとママの希望の星をベストな状態で迎えしましょう。




.泪織縫謄アクアの効果

スタンダードな歩き方で、陸上で歩くのと同じようにして歩きます。
最初はゆっくり、普通の歩幅で10分〜20分くらい歩いてみます。
短時間でも身体に負荷がかかりますから体調に十分注意し、無理をせず、休憩をとりながら始めてみましょう。


  • 1 水の働き(浮力・水圧・抵抗・水温)による血行促進により、妊娠中の不快症状が予防・改善されます。
  • 2 妊娠をしているときの必要以上の肥満・体重増加を防ぎます。
  • 3 出産時に必要な、分娩から産後にかけての体力が維持、強化されます。
  • 4 出産のときに必要な呼吸法を体得できます。
  • 5 分娩にたいして気持ちが積極的になります。
  • 6 ひざとつま先の向きを必ずそろえて歩く
  • 7 水に浮かぶことでからだが軽くなり、分娩に役立つリラックスが自然に身つきます。
  • 8 プールの利用できたママ同士のコミュニケーションにより、不安やストレスが解消されます。



泳げなくても大丈夫

水の中に入ればお腹の重さを忘れます。水には浮力があるからです。
水が身体を支えてくれるのでバランスをとることも簡単。
万一転んでもケガをすることは、まずありません。


プールの中なら水の抵抗を利用することができるため、
妊婦さんにも出来る運動はたくさんあります。


マタニティアクアは水の中での立つことが基本姿勢。
顔を水につける必要がないため、水が苦手、運動が苦手という妊婦さんでも
気軽に楽しめて効果大のエクササイズです。


マタニティアクアは、健康状態や妊娠の経過に問題がない妊婦さんなら、
誰でも楽しめるエクササイズとして人気です。


特に、太り過ぎてしまった、腰痛やひざなどの関節に負担をかけたくないなど、
陸上での運動がつらい妊婦さんには特におすすめです。




よくある悩み

妊婦さんによくある悩みとして妊娠中のマイナートラブルといわれる、
むくみ、静脈瘤、腰痛といったものあります。


赤ちゃんがお腹にいるので、リンパをはじめ、
さまざまな個所が圧迫されています。


そこでマタニティアクアで水のチカラ、
すなわち水圧や水流のマッサージ効果を利用して、
血液やリンパの流れを良くすることができ、
改善・予防効果があるといわれています。


また精神的な悩みや気の沈みも、
水につかるだけでも身体が浮くので、
自然にリラックス。


分娩に積極的になれます。
お友達も作れれば更に心強いですね。




ぅ泪織縫謄アクアとは

水中で音楽に合わせて仲間と楽しく、身体に急に大きな負荷をかけない、
母体に優しい効率的な有酸素運動を行います。


水の特性でもある抵抗を利用し、
あらゆる方向へやさしく負荷をかけることができるので、
妊婦さんでもエネルギー消費量の高い全身運動ができます。


体重も水中だと軽減されるため、 腰やひざなども関節をはじめ、
身体への負担と母体へのリスクが少ないのが特徴です。


弱ってしまった筋肉に刺激を与え、出産や育児に向けての体力づくりに最適です。
また、スイミングと違って、顔を水につけない為、
水が苦手な方でも安心してエクササイズができます。




ゥ織縫謄アクア ・マタニティエクササイズ ・マタニティスイミングに参加するための注意点

・妊娠14〜16週以降で、妊娠経過が順調であること


・通院している担当医のマタニティアクア参加の承諾を得ていること


・運動が良くない合併症(心疾患、糖尿病、妊娠高血圧症候群など)がないこと


・過去に流産、早産を2回以上していないこと




Ε泪織縫謄アクアをしてはいけない体調のとき

・他の人に移す可能性のある感染症にかかっているとき


・中毒症や早産の危険があるとき


・強いお腹の張りや腹痛を感じるとき。そのまま無理をすると流産・早産の危険があります。


・咳や発熱があるとき


・皮膚炎や膣炎にかかっているとき


・妊娠中毒症で、高血圧、タンパク尿、むくみのうち1つ以上の症状があるとき


・医師に診察をうけ、前置胎盤や子宮頸管無力症と診断されたとき


※体調がよくないと思ったときは医師に診察をうけましょう。

また、参加してよいか迷ったとき、悩んだときは主治医の先生に相談されることをおすすめします。


※妊娠12週頃までは胎児の重要な器官形成期でもあり、
過度の運動や多くの人と接して風邪などの感染の機会をもつことは
避けるのが無難なので、スタート時期は担当医の承諾とアドバイスのもと、
それぞれの体調にもよりますが、14〜16週以降にスタートし分娩直前までできるという考えが一般的です。


※その他、詳細につきましては各レッスン実施のクラブまでお問い合わせください。


◀「 美容と体型に効く 水中エクササイズ 」メニューへ戻る

  • asics HydroCD Men’s
  • asics HydroCD Lady’s
  • ジュニア Boys
  • ジュニア Girls
  • arena Men's
  • arena Lady's
  • speedo Men's
  • speedo Lady's
  • asics Men's
  • asics Lady's
  • ellesse Men's
  • ellesse Lady's
  • TYR Men’s
  • TYR  Lady’s
  • 超特価水着
  • accessory
  • Heaven&Heaven
  • Mermaidia

ページトップへ