競泳大辞典
 

トップ > 健康でいるために プールで健康管理!ためになる6つの話 > [6]サウナの効用・効果   その5

お役立ち情報

[6]サウナの効用・効果   その5

┘汽Ε覆妊妊肇奪ス

サウナでデトックス
身体のなかの老廃物・毒素は、75%は便、20%は尿、1%は爪、1%毛髪、3%は汗から排出といわれています。
爪と毛髪はゆっくり時間をかけて排出されるところが特徴です。


汗からの排出は微量なようですが、汗からの方がだしやすい毒素があります。
水銀、鉛、カドミウムなどの重金属などの体外毒素です。
発汗しない生活を長く続けると、体内の各臓器や皮下深部の細胞に有害重金属が蓄積して、
やがて遺伝子を傷つけてさまざまな病気の原因になるのでは考えられています。


これらの「体外毒素」は、「発がん物質」ともいわれています。
発汗で毒素を大量に排出するマラソン選手は癌にならないと言われているのは、このような理由からだと思われます。


ここで注目すべきことは、ただ汗をかけばよいという訳ではなく、
「毒素」を排出するような汗のかき方がある!ということです。


汗といっても暑いときや辛いものを食べたとき、短時間の運動をしたときに出る汗は水分主体のため、
毒素はあまり含まれていません。


ヒトは、他の動物よりも発達した脳をもちます。 その脳の細胞は、熱の上昇に非常に弱い性質上、脳の温度を一定にするために、汗腺を進化させてきました。
ヒトの皮膚からでる汗は汗腺のうち、エクリン腺からでる汗を効率よく蒸発させ、体温を調節します。
このような体温調節をすることで大切な脳を守ってきました。


身体のなかの水分、すなわち「水だけ」を汗として出せればもっとも効率がよく、清潔です。
しかし、皮膚の汗腺は器官のなかでも最後にできた組織で、いまだ進化を続けている「未完成の器官」です。


未熟なゆえに、ナトリウムやカリウムなどのミネラルもでてしまいますが、
乳酸などの老廃物、重金属などの有害なミネラルも汗と一緒に排出されます。
これがデトックスに良いといわれるゆえんです。


デトックスに良いといわれる汗は、通常汗をかくときにエクリン腺からでる汗ではなく、皮脂腺からでる汗です。
有害な有害ミネラル(重金属など)は水に溶けにくく、脂肪(皮脂)と結びついて蓄積される傾向があります。


時間をかけてじわっ、と出てくる汗は、皮膚の深部にある皮脂腺から出るもので、脂肪分や有害物質を含んでいます。
長年かけて体内に蓄積された毒素を排出するのは、皮脂腺から排出する汗です。
デトックス効果があるのは、この汗です。


皮脂腺から排出される汗はネットリとしていて臭いのが特徴です。
(汗をかく事=デトックスではない、というところがポイントです)


実はこの皮脂腺はなかなか開きません。
通常なにもしていない人が皮脂腺から汗を出すには、マラソンで30キロ、エクササイズで2時間の運動が必要とされています。


皮脂腺からの汗をかくためには汗腺の機能を向上させること。
そのためには、適度な運動、サウナ、長めの半身浴、岩盤浴などで汗腺を鍛えること、
つまり身体を温め汗をかく、この習慣を身につけることが必要です。
日常においてもシャワーだけですまさず、入浴することをおすすめします。


良い汗をかき、皮脂腺から汗をだすために、いろいろと方法は取り上げられていますが、
自分にあった方法で長続きさせることが大切です。


そのなかのひとつとして、ご自身が通うフィットネスジムにサウナがあれば身近で長続きさせることができる、
便利で身近なデトックスの方法のひとつです。


是非、一度、ご自身にあうかどうか、まず試してみてください。


◀「 プールで健康管理をするための6つの豆知識 」メニューへ戻る

  • asics HydroCD Men’s
  • asics HydroCD Lady’s
  • ジュニア Boys
  • ジュニア Girls
  • arena Men's
  • arena Lady's
  • speedo Men's
  • speedo Lady's
  • asics Men's
  • asics Lady's
  • ellesse Men's
  • ellesse Lady's
  • TYR Men’s
  • TYR  Lady’s
  • 超特価水着
  • accessory
  • Heaven&Heaven
  • Mermaidia

ページトップへ