競泳大辞典
 

トップ > 健康でいるために プールで健康管理!ためになる6つの話 > [2]初めてのスイミングプール

お役立ち情報

[2]初めてのスイミングプール

「スイミングプールを利用したいけどどうしよう??」
知らない世界へ一歩、勇気を出して踏み出す訳ですから、少なからず不安になりますよね。


プールってみんななんでいくの?
プールは近くにいくつかあるけど、どうやって選ぶの?
何もってくの?
暗黙のルールってあるの?
無理しても毎日通った方がいい?など


初めての ”よくわからない” にわかりやすくお答えします。




/絮砲鮖呂瓩訌阿法Α

水泳・ウォーキング・エクササイズができるプールはどこなのか?場所(プール)探しから始めましょう。


プールを利用する目的はなんでしょうか。大会・競技会へ参加するためのトレーニング、健康目的のスイミング、
時間をかける水中ウォーキング、水中エクササイズ等さまざまです。


プール選びで大切なのは、利用するプールが自分の利用目的とあっているかです。
状況によっては、水温が低すぎる、人が多すぎ、など行ってみないとわからないことも多いはず。


利用するスイミングプールのサイトを見て、プールまでのアクセス(利便性、その施設まで夜、道が暗くないか、
到着までかかる時間等)を確認の意味も含めて、一度は見学または利用することをおすすめします。


お試しで体験できる、初回体験サービスや初回体験チケット等を用意している施設もありますので、
確認の上、是非積極的に活用してみてください。




▲好ぅ潺鵐哀廖璽訌びのポイント

●自宅から近くであったり、通勤・通学途中にあったりと利用しやすい場所・環境であれば便利です。


●スイミングプールの利用時間は施設によって様々ですが、早朝や深夜に利用できるところもあります。
ライフスタイルに合わせ、自分の都合の良い時間に利用できるのかを確認しましょう。


●スイミングプールはそれぞれの施設によって状況が違います。深すぎないか、水温は自分にとって適温か、
休憩するためのベンチや寒くなったりしたときに利用できるサウナはあるのか、水中ウォーキング専用のコースは常時あるのか、
水中ウォーキングのコースに泳いでる人がいるなど利用しづらくはないか等
利用し始めてから不快な思いをしないよう、確認をしましょう。


●プール以外の施設は清潔でしょうか。ロッカーやシャワー室も床等を実際に見てみた方が良いでしょう。
ジャグジーやサウナがあり清潔感があれば更に良いですね。


●タオルやゴーグル等うっかり忘れてしまうこともあります。レンタルサービスは利用できますか?
貴重品や大きな荷物を預かってもらえるサービスがあれば便利です。


●利用施設に水中ウォーキング、水中エクササイズ、水泳教室等のプログラムはありますか?
このような講座が開かれていればそれぞれの運動のポイントがわかり、初心者も挑戦しやすいですね。


また参加している人同士でコミュニケーションがとれたり、お友達ができたりするきっかけにもなります。
お友達との楽しいひと時をもてることは、長続きのコツでもあります。


●先にその施設を利用している方は、自分の施設利用の目的とあっている方が多いですか?
年齢層や雰囲気なども長続きできるかどうか大きく影響します。
同じような目的の人、同年代の人が多ければ、仲間作りなど楽しみもより広がります。




プールを利用するときに必要な物

水着・キャップ・ゴーグルは3点セットでまずは揃えましょう。どれもひとつ前のシーズンものは価格も安くかえるので、
当スイムショップイノウエをはじめ、サイトで探してみてください。


お手頃価格の水着はタイミングもありますので、少し時間をかけて探すのもよいかもしれません。
タオルと耳に水が入りやすいという方は、耳栓も、バスタオルと着替えもあると便利です。



◀「 プールで健康管理をするための6つの豆知識 」メニューへ戻る

  • asics HydroCD Men’s
  • asics HydroCD Lady’s
  • ジュニア Boys
  • ジュニア Girls
  • arena Men's
  • arena Lady's
  • speedo Men's
  • speedo Lady's
  • asics Men's
  • asics Lady's
  • ellesse Men's
  • ellesse Lady's
  • TYR Men’s
  • TYR  Lady’s
  • 超特価水着
  • accessory
  • Heaven&Heaven
  • Mermaidia

ページトップへ