競泳大辞典
 

トップ > お役立ち情報 スイミングを始める前の豆知識 > [3]キャップの選び方

お役立ち情報

[3]キャップの選び方

.好ぅ爛ャップの種類

スイムキャップは、衛生上の理由から多くのプールや施設で「着用しなければならない」ルールがあります。
素材によって付け心地が違うので、好みや目的に合わせて選びましょう。


初心者の練習用、水中ウォーキング、水中エクササイズの時は、通気性がよく蒸れないのでメッシュキャップがおすすめで、
スイミングの時は殺菌用塩素で髪を痛むのを予防するシリコンキャップがおすすめです。


競泳の大会・記録会では水の抵抗を小さくする、シワになりにくいピッタリとフィットするシリコンキャップがおすすめです。


●シリコンキャップ(silicone cap)

シリコンキャップは、シリコン製で、伸縮性があるので頭にぴったりフィットします。付け心地はタイトです。
試合本番で多く着用されています。きつく着用しにくいですが、水の抵抗を小さくできます。


トップスイマー、競技思考のスイマーから健康志向のスイマーまで幅広く選ばれている、いまや定番のキャップ。


最近では伸縮性のあるシリコンキャップもあり、ソフトな締め付け感がいいという方や、
耳まで覆いたいトップスイマーに好まれています。


水を通さないので、殺菌用塩素が入ったプール水による髪のダメージを和らげてくれます。
デリケートな素材なので、つめを立てたり、鋭利なものとの併用を避けるといった注意が必要です。


髪が水に濡れにくいということで、フィットネススイマーの中にも愛用している方はいます。


2枚のシリコーン生地をはぎあわせて作られたタイプは、着用時にシワが出ることがあります。
立体成型のタイプ(ドーム型)は、人間の頭の形に近い形状なのでシワがほとんど無く、優れたフィット感とともに、
水の抵抗を低減する機能もあります。


●ツーウェイキャップ(2way cap)

フィットネス水着と同じような素材で、タテ・ヨコ(=2WAY)に伸びるので頭にらくらくフィット。
深さも外周も比較的ゆったりしているので快適な着用感です。
水着とのコーディネートも容易で、フィットネススイマーや健康志向スイマーに人気の商品です。
通常よりもゆったりしたタイプや、髪の毛が長い方用のタイプもあります。


●メッシュキャップ(mesh cap)

メッシュ素材で、かぶりやすいです。


通気性・水抜けが良く、ムレ感が少ないので水中ウォーキングや水中エクササイズをされる方に人気です。
比較的安価で、選手から一般スイマーまで幅広く使用されています。


●ツーウェイシリコンキャップ(2way silicone cap)

2WAYキャップの本体の外側に肌触りのいい特殊コーティング、シリコーンラミネート加工を施し、
内側に2way(ストレッチ)素材を使用したキャップです。


内側がストレッチ素材なので、紙がからまりにくく、着脱がとても簡単。


伸縮性・弾力性に優れ、触った感じや着用感がソフトで快適なフィット感。
長時間かぶっても圧迫感がほとんどなく、痛くなりにくいのが特徴です。


表面のシリコンラミネート加工により、髪が水に濡れにくいため、
殺菌用塩素が入っているプール水からの髪へのダメージも抑えることができます。




▲ャップのお手入れ

●シリコンキャップ
・使用後は、水道水で軽くすすぎ、十分に乾燥させる
・汚れた場合は、洗剤を用いて表面を洗う


●ツーウェイシリコンキャップ・ツーウェイキャップ・メッシュキャップ
・使用後は、できるだけ早く中性洗剤で軽く押し洗いし、十分にすすいで陰干しする
・洗濯機、乾燥機、漂白剤、アイロンを使用しない


◀「 スイミングを始める前に知っておくべき6つのこと 」メニューへ戻る

  • asics HydroCD Men’s
  • asics HydroCD Lady’s
  • ジュニア Boys
  • ジュニア Girls
  • arena Men's
  • arena Lady's
  • speedo Men's
  • speedo Lady's
  • asics Men's
  • asics Lady's
  • ellesse Men's
  • ellesse Lady's
  • TYR Men’s
  • TYR  Lady’s
  • 超特価水着
  • accessory
  • Heaven&Heaven
  • Mermaidia

ページトップへ